隙間からの侵入

ハチ駆除の修理隊

お客様kらの評価

【作業前の様子】 屋根裏に入っている蜂を見てびっくりして見てみたらかなり大きなハチ8だったのでまさかスズメバチではないのかと思い駆除業者にお願いすることにしました。

コメント
夕方に家に帰ってくると大きな蜂が屋根の上でたくさん飛んでるのは気になって見ていると屋根の隙間から家に入っていくところを見てしまいました。
かなり大きいハチだったので天井を調べるのも強く業者を調べて巣をつくっていたら駆除をしてもらうか考えていました。そうしたところ、翌日も同じような状態だったのでお願いすることにしました。
調べてもらったところ、大きな蜂がスズメバチだということがわかってびっくりしましたが駆除してくれるということで蜂の巣と蜂を駆除してもらえるようにお願いすることになり、その場で解決してくれて感謝しています。
ハチの巣を取り除いてくれてみせてもたったら、大きさを見てびっくりしました。直径80 CM ぐらいある大きな蜂の巣だったので気づかずに生活をしていたら大変なことになっておたかもわからないと思うとぞっとしましたが来てくれて助かりました。
これで安心して生活できると思うと早めに駆除しておいて良かったと感じています。

それに、再営巣をしたら保証もあるということで蜂の駆除をお願いして良かったと思っています。

現場3

屋根裏に蜂の巣ができる理由

屋根裏に蜂の巣ができる理由は、蜂が巣を作るために適した場所として認識しているからです。屋根裏は、蜂が自然界で適した場所としている、木の割れ目や岩の隙間などに似た場所で、暖かくて湿気があるため、蜂にとって理想的な場所となります。また、屋根裏は、人間の生活空間から遠く、人間が蜂の存在に気付かず、蜂の活動を妨げることがないため、蜂にとって安全な場所ともいえます。

駆除方法
屋根裏に蜂の巣ができてしまった場合、まずは自分での駆除は危険なため、専門業者に依頼することをおすすめします。また、以下のような方法が一般的に用いられます。
●熱湯や熱水をかける方法
蜂の巣に熱湯や熱水をかけることで、蜂を死滅させることができます。ただし、巣が屋根裏のような場所にある場合は、周囲にも大きな被害を与える恐れがあるため、注意が必要です。
●無煙火薬を使った方法
無煙火薬を蜂の巣の穴に詰め込むことで、蜂を駆除することができます。ただし、火薬の取り扱いには注意が必要で、また、周囲に大きな音や振動が発生するため、近隣住民に迷惑をかけることがあります。
●殺虫剤を使った方法
専用の殺虫剤を蜂の巣に噴霧することで、蜂を駆除することができます。ただし、巣が屋根裏などの狭い場所にある場合は、殺虫剤が周囲にまき散らされる恐れがあるため、注意が必要です。

これらの方法は、蜂の巣の場所や大きさ、蜂の種類などによって効果が異なるため、専門業者に相談してから行うことが重要です。また、蜂に刺されないように、駆除作業の前に周囲の人々に注意喚起を行い、防護服や手袋、マスク、ゴーグルなどの防護具を着用することも大切です。

屋根裏にある蜂の巣を駆除鯛ときの対策と方法
屋根裏にある蜂の巣を駆除する際の対策と方法は以下の通りです:

・安全装備の着用: 蜂の巣を駆除する際は、身を守るために適切な安全装備を着用しましょう。長袖の衣服、長いパンツ、手袋、帽子、ゴーグルなどを身に着けて、蜂の刺し傷から身を守りましょう。
・夜間の駆除: 蜂の巣を駆除する最適な時期は、夜間です。夜間になると蜂は巣の中にいるため、活動が活発ではなくなります。暗闇の中で駆除作業を行うことで、蜂の攻撃を最小限に抑えることができます。
・ハチ駆除業者への相談: 屋根裏にある蜂の巣の駆除は専門知識と技術を要する作業です。危険な場合や自信がない場合は、専門の害虫駆除業者に相談することをおすすめします。ハチ駆除業者は適切な装備と技術を持ち、安全に蜂の巣を駆除してくれます。
・駆除方法: 蜂の巣を駆除する方法は、蜂の種類や巣の場所によって異なります。一般的には、駆除剤やスプレーを使用して巣に直接噴霧する方法が用いられます。ただし、個人での駆除は危険を伴う場合がありますので、慎重に行うかハチ駆除業者に依頼することをおすすめします。
・巣の残り響き: 蜂の巣を駆除した後でも、巣の残り響きには注意が必要です。蜂の巣は香りや残留物が残るため、他の蜂が再び巣を作る可能性があります。巣の周辺を徹底的に清掃し、残り響きを取り除くことが重要です。

蜂の巣の駆除は慎重に行い、自身の安全を最優先に考えましょう。ハチ駆除業者の助けを借りることで、効果的かつ安全な駆除が可能です。

料金表
修理依頼手順


総合受付
copyright©2019 ハチ駆除業者 all right reserved.